人類のラスボス

検査

昨日から癌とは何かをずっと考えていた。以下素人のうだうだ。

癌とは細胞のコピーの失敗であると言えるだろう。細胞の設計図であるDNAは構造が複雑で、時々分裂時に壊れてコピーされる。放射線なども影響するが基本的にランダムで壊れる。要は運が悪いと壊れるのだが、逆に言えば生き物の細胞のような複雑なものが正常に機能し続けることがラッキーなのであり、特に理由なく複製に失敗しても不思議ではないと感じられる。理由がないと原因もわからないし予防もできない。こうした細胞は生きる能力もなく勝手に死ぬか、体の免疫機能によってすぐ死ぬので通常増殖しない。が、運悪く増殖機能を有してしまい悪性腫瘍となることが稀によくあるということだ。

直感的に、これが人類に治せるようになる気があまりしない。手術で切り取っても薬や放射線で叩いても全滅は難しそうだし、壊れた細胞を復元するには覆水を盆に返す技術が必要だ。医学の進歩で様々な病気が治るようになって最後に癌が残った。人類のラスボスは癌だったのだ。


癌の診断翌日。顎の異変が痛々しい。