大学病院

検査

紹介された腫瘍外科の専門医を訪ねて、大学付属の動物病院へ。

紹介状を渡し、猫を預け、診察の間しばらく外で朝食を摂りながら待つ。その後再び診察室へ。

先生と治療方針について話し合う。選択肢は実質3つ。
・積極的治療MAX:下顎を舌も含め全切除
・積極的治療:下顎の3分の2を切除
・積極的治療しない:手術せず放射線のみ

舌も含め全切除というのはあまり前例がないらしく、QOLコントロール的にはかなりチャレンジングらしい。つまりどうなるかわからないので、おすすめはしない感じだった。

3分の2切除の場合は、マージンがほとんど取れないので腫瘍を完全に取り切れる可能性が低い。ベストを尽くすがおそらく残ってしまうだろうとのこと。残っていれば時間は稼げるがいずれ再発する。

放射線または抗癌剤のみの治療は効きにくく、余命は予測しづらいが3ヶ月持てばいい方(と明言はしてなかったかも)。

ちなみに手術代はもろもろトータルで30万円ぐらいらしい。また手術すると顎がなくなるので、同時に胃瘻チューブ設置の手術も行い、以後食事はそこから与えることになる。

考えられることはすべて考え大変悩んだが、身体は元気なので手術に耐えられそう、本人はその後を生き抜く精神力も持っていると判断。自分は家で仕事しているのでつきっきりの介護もできる。結論としては下顎の3分の2を切除し、取り残しは放射線で叩くことになった。手術は1週間後に決まった。


今日もお疲れ様。